岐阜老人ホーム紹介センター

 

岐阜老人ホーム・高齢者住宅紹介サイト

老人ホーム 高齢者住宅のいろは

 

Google

WWW を検索 roujinhome.jp を検索

 

トップページ»  ブログ»  有料老人ホームについて»  有料老人ホームの種類について

有料老人ホームの種類について

有料老人ホームの種類について

健康型有料老人ホーム

要介護の認定を受けていない自立している高齢者の方が一人暮らしに不安を感じたり老後に不安を感じたり老後を楽しみたい高齢者の方が入居できる有料老人ホームです。要介護となった場合は退去しなければなりません。 そのため入居時に介護が必要となり退去しなければならないときのことを考えておかなければなりません。運営は民間事業者が行っています。通常ほとんどの家事を内部スタッフに委託することが出来ます。またスポーツ施設や図書館といった生活を楽しむための施設が充実しています。費用は初期費用と月額料金が掛かります。初期費用は施設の設備等によって大きく異なり、0円~数億円程度の開きがあり、月額料金も10万円前後から数十万円のものまで開きがあります。初期費用は他の老人ホームよりも高めに設定されています。レクリエーション施設が充実しているため費用が割高だという点を除けば人気があるが、重度の介護状態になった場合原則として退去しなければならないという大きなデメリットがあります。全体の老人ホームの中で健康型は1パーセント程度ときわめて数は少なく高額であるため条件が合えば入居が困難ということはありません。


住宅型有料老人ホーム

介護が必要になった場合、引き続き入居しながら介護等のサービスを受けることが出来る施設です。介護付有料老人ホームとの違いは「特定施設入居者生活保護」を受けていないのでホームのスタッフが介護サービスを行わず、外部のスタッフが介護サービスを提供することになります。原則は介護が必要でない方が食事と清掃といった最低限のサービス及び緊急時の対応サービスを受けるといったものになります。費用は入居一時金と月額の料金が必要になります。但しこの費用は施設や地域によって大きく異なります。入居時に掛かる費用である入居一時金については0円の施設もありますが数千万円から1億円以上といった高額な施設も都市部を中心に存在します。月額の利用料は家賃、管理費から食費、光さ熱費等の雑費となります。また外部から介護サービスを受ける場合は、別途介護保険を利用しても1割負担することになります。この介護サービスについてはあくまで外部の事業者と利用者の直接契約になります。入居基準は施設によって異なりますが、65歳以上で共同生活に馴染める方であれば問題はないでしょう。施設内ではイベントやレクリエーション、サークル活動等を行います。


介護付有料老人ホーム

介護が必要になった場合でも、引き続き入居しながら介護サービスを受けることが出来る有料老人ホームです。 要介護に認定されていなければ入居できない施設、認定が無くても入居できる施設があります。設置、運営は民間事業者が行います。介護付有料老人ホームといっても、その形態はいくつかあり施設内のスタッフ自ら介護を行い受け入れ対象者は要介護状態のものだけという介護専用型、要介護状態のものおよび健常者をともに受け入れ介護は施設内のスタッフがおこなう混合型、介護はすべて外部の事業者がおこなう外部サービス利用型といった形態があります。施設によって受け入れ可能な介護状態と介護サービスの種類は様々で、施設ごとで異なるといっても良いくらいです。入居を考える場合はそれぞれにあった施設なのかを確認する必要があります。費用は初期費用と月額料金が必要で、初期費用はサービス内容や施設の充実度によって0円~数千万円と幅広く、月額料金は10万円前後から30万円程度までの開きがあります。施設によって受け入れ基準は異なりますが、認知症や重度の要介護状態のものまで受け入れる施設があります。


2014-04-21 15:29:51

有料老人ホームについて   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
お問い合わせはこちら

対応エリア
岐阜県 
岐阜市 大垣市 各務原市 多治見市 可児市  関市 羽島市 美濃加茂市 瑞穂市 郡上市 海津市
本巣市 養老町 山県市 垂井町 池田町 揖斐川町 大野町 岐南町 美濃市 笠松町 神戸町 御嵩町  北方町 安八町 輪之内町 関ヶ原町 坂祝町